阪急電車

阪急電鉄・バリアフリー化で『運賃10円上乗せ』…可動式ホーム柵など整備 阪神電鉄も #shorts #阪急 #運賃

投稿日:

阪急電鉄と阪神電鉄は、駅のバリアフリー整備を進めるため、来年度から全線全区間で運賃に10円を上乗せすると発表しました。

 阪急電鉄によりますと、2035年度までに駅の可動式ホーム柵やエレベーターなどのバリアフリー設備の整備を進めるため、900億円以上がかかる見込みとしています。

 阪急電鉄は、この整備にかかる費用を運賃に加算徴収するとして、阪急の全線全区間(神戸高速線を除く)で、大人の普通運賃に10円上乗せするとともに通勤定期券なども値上げします。子ども運賃については加算後の大人料金の半額で、来年4月から変更する予定です。

 これは去年、国が鉄道の駅のバリアフリー化を推し進めるため創設した制度を活用したもので、この他、阪神電鉄でも同様に運賃を実質値上げする予定です。

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#Shorts #阪急電鉄 #運賃 #上乗せ #毎日放送 #mbsニュース

-阪急電車

Copyright© 阪急電車の話題 , 2022 All Rights Reserved.